So-net無料ブログ作成

読書の秋 [読書]

本を読むのは好きなんですが…

まぁ偏ってまして(^-^;

気に入った作家を古い順から読んでいくというスタイル。

しかもほとんどがミステリ作家。


わたしの読書好きは母が買ってくれた「世界のメルヘン」という童話から始まった。

世界のメルヘン.jpg

青いカバーに入った大判の本で、定期的に自宅に届けられた。

「そろそろ届く頃かな?」って学校から帰って玄関を開けるたびワクワクしてた。

鍵っ子だったわたしは、兄が亡くなってからは益々家で一人本を読むのが好きになっていった。


次に読んだのは家にあった夏樹静子の「砂の殺意」

小学4年生くらいだったと思う。 これが面白くて…

それからはずっと赤川次郎を読んでたな。

5年生で入院して、病室が一緒の子からもマンガや本は借りたい放題。

いちど誰かが「赤毛のアン」を貸してくれた…看護婦さんだったかな?

これは残念ながらハマらなかった。

どうやらドロドロしてる話が好きらしい。


最近は教育関連、心理学関連の本もよく読む。

けっこう立て続けに読んでるのは河合隼雄先生。素晴らしい方だと思ってます。

河合先生も読書の大切さは力説してる。

「いい小説を読むってことは、一人の人間と出会うくらい貴重な体験」ということもおっしゃってる。

そして「大人にこそ児童書を読んでほしい。大切なメッセージが込められている」と。

早速ミヒャエル・エンデの「モモ」を借りてきた。

モモ.jpg

子どもの頃読んだような気もするけどもう一度。河合先生もオススメしてます。


あと、tommy88さんが読まれていた東野圭吾のエッセイ「たぶん最後の御挨拶」も借りてきた。

たぶん最後の御挨拶.jpg

表紙が猫っていうのもステキだよね[ぴかぴか(新しい)]

これが読み出したら止まらなくて。

実は作家のエッセイって初めて読むかも。

雑誌のコラムなんかはたまに読むけど、そういえばあれって面白い。

東野圭吾は「放課後」から順番に読んできたから、あの作品にはこんなエピソードが…っていうのが興味深い。

東野作品はほんと好きで、「魔球」では最後ちょっと泣いたなぁ。

「容疑者Xの献身」はトリックが凄いと思ったし、「白夜行」もなんて秀逸な作品なんだ!と感動。

「手紙」では号泣ですよ… これらは全て映像化されてますね。


あと、「ハルキスト」っていう呼び方は嫌いなんだけど村上春樹が大好き。

春樹との出会いは小6で、入院してたとき。

病院の本棚に「風の歌を聴け」があって読んでみたらはまってしまった。

風の歌を聴け.jpg

以来図書館派のわたしも、春樹だけは買ってくるんです…東野さんごめんなさい。

でも悲しいことに、母も夫も親友も、春樹の作品は「意味がわかんない」と一蹴…

未だに周囲で「春樹いいよね」と言ってくれる人は現れない。

逆にわたしは母や夫が大好きな歴史物にはまったく興味を持てない。

こんなに好みが分かれるって不思議なものですね。


東野さんのエッセイを読んで今年はエッセイにも開眼!

次は春樹のエッセイを読もうと思ってます。(実は今まで読んだことなかった)


読書の秋、皆さんが好きな1冊を教えてください[かわいい]

nice!(68)  コメント(39) 

米坂線の旅 [旅行]

体育の日の連休は電車でちょっと遠出してきました

今回は夫プロデュース 米坂線でGo[電車]

新潟県村上市坂町と山形県米沢を結ぶローカル線です

橋を渡る.jpg

乗るのは8時43分新潟発の「快速べにばな」

時間がなくて飛び乗ったので電車の画像はありません…

ディーゼルで走るらしいです

車窓から.jpg

お天気は曇り気味 でも雨じゃなくてよかった

峠を越え県境を越えドコドコ走ります…

たんぼの風景.jpg

田んぼの風景が広がってきました

快速といいつつ快速なのは新潟県内だけ。。

山形に入ると各駅停車です(^▽^;

米沢駅.jpg

11時31分、米沢に着きましたー!!

よしこれからお昼ごはん[るんるん] 駅前でお店を物色します

ビア.jpg

今回は電車旅!! 気兼ねなく昼から飲めます[ぴかぴか(新しい)]

ウンウン悩みながらやっとメニューを決める

焼肉.jpg

夫の米沢牛の焼肉定食

肉が薄いと感じたがさすが国産のブランド牛。 うまみがハンパない!! (゜Д゜)ウマー[ぴかぴか(新しい)]

芋煮定食.jpg

わたしは芋煮定食

やっぱり山形に来たら芋煮食べないとね!! いまちょうどいい季節だし[るんるん]

芋煮.jpg

お肉が主役の芋煮でしたね

ごはんが少しやわらかいと感じたけど、新米だったのかな?

ごちそうさまでしたー[揺れるハート]


食後はバスで移動[バス]

夫が大好きな上杉神社へ 笑

上杉神社.jpg

上杉謙信と上杉鷹山を祀る神社らしい… 合ってる??

敷地内には「ねこにえさをやらないでください」の看板がチラホラ…

ってことは猫がいるんだね!?

ええ子やで.jpg

敷地内に猫ちゃんを発見!

まだ幼い感じ~ 

家族連れがずっとナデナデしていたので一度は通り過ぎたんだけど、その人たちがいなくなったので

急いで引き返しわたしもナデナデさせてもらった[揺れるハート]

上杉神社で出逢った猫.jpg

ほんとおとなしい。 いくらでもなでさせてくれる… なつこすぎてちょっと心配(^^;


このあと神社を参拝し夫オススメの稽照殿へ。

謙信、直江兼続、鷹山の遺品を中心に甲冑や武具、書物などが展示されています

「愛の前立て」もありましたよー


さっき猫ちゃんと会った同じ場所にまたまた別の猫ちゃんが!

もうひとりいた.jpg

たぶんさっきの子のきょうだいだと思う…

同じくらいの年齢だし、しっぽとお顔がソックリ☆

目を怪我してた.jpg

この子もなつこい[揺れるハート]

写真に見えてない右目を怪我してたみたい… 血が混じった涙を流してました

元気にたくましく生きるんだよ。


2匹の猫ちゃんに別れを告げお次は近くの「東光の酒蔵」を目指します

通りすがりの猫.jpg

道中またまた猫ちゃん発見!!

この辺りは立派な大きい家が多かった。しかも新しくてオシャレなおうちばかり。

アップ.jpg

いいでしょ~ このお顔♡ 好きだわ~♡


そんなこんなで酒蔵へ

東光の酒蔵.jpg

一人310円払って酒蔵展示を観ました。

正直に言うとちょっと(いやだいぶ)ショボイ。。

時間とお金の無駄だった…スミマセン、でも本音

行くなら販売コーナーだけでいいかも[あせあせ(飛び散る汗)]

無料で試飲ができますし、おつまみの試食もあります。

お酒を1本買い、大急ぎでバスに乗り駅へ向かいます!!

これからまた電車に揺られ(正確には「電」じゃないけど…ディーゼルなんで)新潟に向かいます[電車]

酒と駅弁.jpg

米沢駅で大急ぎで買った「牛肉どまん中」弁当[ぴかぴか(新しい)]

牛肉どまん中.jpg

お弁当をつまみに東光の日本酒をチビチビ。

芋煮もそうだったけど、お肉の味付けはちょっと甘めです


米沢に来ても猫に翻弄されてしまいました

途中でハプニングもあり、長旅でちょっと疲れたけどとっても楽しかった旅でしたよ[るんるん]


**************************************************

我が家の猫たちは…

ミケそこは….jpg

洗濯物の上に堂々と座る

自分の為に作られたベッドだと信じているお顔。

あんよピーン.jpg

シマさまはあんよピーンで寝ています

気付いた.jpg

気付かれた…

nice!(56)  コメント(37) 

ワインフェスタ2017!! [酒]

10月1日、夫の誕生日。今年は日曜日!

電車で日帰りの旅をしようか~ なんて話していたら、

我々が大好きなカーブドッチでワインフェスタが開催されると知ってしまった。

「こっち行く~?」となり予定変更。


カーブドッチはひとつのワイナリーの名称で、

他に4つのワイナリー、温泉施設、宿泊施設、結婚式ができる施設…など様々な施設が集まっています。

今回のワインフェスタの目的は1080円で5つのワイナリーのワインを試飲できること!

うふふ、たのしみ~[るんるん]

こっちがいいかな.jpg

なんとこの日曜日だけとってもいい天気。

半袖に羽織を持って行く感じにしたのですが正解でした~

半袖でも汗ばむくらい[あせあせ(飛び散る汗)]

1人1080円でこのグラスを買い、各ワイナリーで試飲させてもらいます。

はじめは「Fermier(フェルミエ)」さんへ。

こちらのワインがわたしの大好きな番組「あてなよる」に登場していたのでそれもちょっと興味があって…


さて、各ワイナリーでは試飲できる種類が決まっています。

フェルミエさんでは赤、白の2種類。

わたしは白「アルバリーニョ」、夫は赤…たぶんカベルネかな?

こ…こ…これは…!!

この日一発目だったことを加味してもすばらしいワインでした!

リンゴ、、というかカモミールのような香り、味もフレッシュでフルーティ。めちゃめちゃうまい!

もともとは1本6000円のワイン… 気軽に買うには気が引けます(^_^;

夫の赤も飲ませてもらいましたがカベルネというよりはピノのような味わい。

果実味を感じるとっても飲みやすい赤でした。 オイシー!!


お次は「Cantina ZIO SETTO(カンティーナ・ジーオセット)」さん。

やまなみ.jpg

葡萄畑と角田山を眺めながらいただきます。

こちらではおつまみも提供。

アマトリチャーナ.jpg

豚モツと白いんげんのアマトリチャーナ。パスタは入っていません。

テーブルが熱々でお料理も全然冷めない 笑

しっかりした赤ととても合いました[るんるん]


この日、新潟駅からこちらの会場まで直通のバスが出たのですが、それだけでもバス4台…

しかもぎゅうぎゅうで我々は補助席に座って行きました[たらーっ(汗)]

もちろん他にもいろんな交通手段で来てる人たちがいたので試飲会場は長蛇の列です。

座るところも足りなくて、食べたらサッと席を譲るようにしていました。


そしていよいよ次は大好きなワイナリー「ドメーヌ・ショオ」[ぴかぴか(新しい)]

ショオさんのとこはちょっと狭いのでこちらもぎゅうぎゅう…

カウンターにはオーナーの小林さんの他に2人のスタッフがワインを注ぐのに大忙しでした[あせあせ(飛び散る汗)]

いつもはカウンターで小林さんとのおしゃべりが楽しいんだけど、そんなことはとてもできる状況ではありません。

でもでも、違うスタッフからワインを注いでもらってるときに、小林さんが我々に気付いてくれたんです!

「こんにちは!」と簡単な挨拶をしただけだったけど、嬉しかった~♡

ぶどう.jpg

ショオさんの畑の葡萄。たわわに実ってますね~


この後、20分ほど葡萄畑をバスで巡るイベントがあったので参加してみました。

小さいバスなので運転してくれるスタッフの人と気軽に話ができて楽しかった♪

今年は雨が多くて葡萄が病気になったり、寒暖差がなかったために葡萄の出来が安定しなかったとのこと。

去年が「当たり年」で今年は「裏年」? なんだって。葡萄は当たりの年と裏の年が交互に来るそうです。


5つのワイナリーをすべて巡り、またジーオセットに戻っておつまみタイム…

ボロネーゼ.jpg

タリアテッレのボロネーゼ。 うんま~[揺れるハート]


会場では他に、バンドの生演奏があったり食器市や手作りワークショップなども開催されていました。

各ワイナリーを2回ずつ試飲し、もう…だいぶ疲れてきた…


最後にどうしても食べたかったソーセージ。

売っている屋台は長蛇の列だったけど、夫が買って来てくれました。

1080円で試飲できるワインの他に、有料での試飲やビールも売ってるんです。

ケチなわたしは無料の試飲以外は買わない!とゴネたのですが

夫が「ソーセージにはビールでしょ!」とビールも買ってきました。

これがうまいのなんのって。(*゜▽゜*)パァァァァ…

ソーセージ.jpg

ワイン、ちょっと飲み疲れていたみたい(^▽^;

「薪小屋」の本格ドイツソーセージも絶品でした!!


すごく楽しかったけど、人が多すぎてちょっと疲れたかな~。

やっぱり普通のときに来て、小林さんと話がしたいね なーんて言いながら帰ってきました。


***************************************************

シマさん糖尿病日記。


病院に行くのが嫌すぎてこないだチッコをもらしたシマ。

かわいそうかなー と思いつつオムツをしていくことに…

練習風景。

くつじょく.jpg

意外と嫌がらない…


そしていよいよ受診日当日。

本番ではめちゃめちゃ嫌がって泣き叫んだけどわたしのテクニックでオムツを装着。

診察台に載せキャリーから出てきたシマはオムツ姿…

看護師さんも先生も笑いをこらえていたように見えました。

「あらーシマちゃん可愛いオムツしてたねー」なんて言いながら…

いいのよ、先生、爆笑してくれていいのよ。


オムツをしていたらチッコはしませんでした。

体重は5.50kgと安定。血糖値も210くらいとまだ少し高いけどこのくらいなら許容範囲。

インスリンを打つ量は3.5で多いけどこのまま継続しましょう、毛艶も良くなったね と言われました[揺れるハート]


オムツ.jpg

シマ~、がんばったね~!!

注射チックンは痛いけどもう少し頑張ろうね。

オムツも屈辱なのによく我慢したね。


糖尿病になってから後脚の力が入らずグニャグニャします。

前は、肉球の中心をコチョコチョすると足をパァ~っと開くのが面白くてよく遊んでたんだけど

最近はそのパァ~ができません。

あと、後脚で耳をカキカキするのもできません。

力がなくて耳の手前で空振りしてしまいます。

そういうときはわたしが手で耳を掻いてあげるんだけど、

シマは自分で掻いてるつもりなのか後脚が一緒に動きますw


シマ~ はやく治れ~治れ~ 毎日呪い…呪文を唱えてあげています。

nice!(58)  コメント(26)