So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

最近のシマさん [猫]

うちのシマ(♂11歳)が糖尿病になってから約半年が経ちました

このへんで経過をまとめておこうと思います

ほかの糖尿病の猫さんの参考になれば…


元気いっぱい暴れん坊のシマが病気になるなんてまさに青天の霹靂で、

実際その後のシマは今までと別人(猫?)のように元気がなくなりました


これ↓はシマが5歳のとき
お散歩を夢見てリードを買ってみたけどお外に出すとあり得ないくらい泣き叫ぶのでベランダへ…
おっかなびっくり下界を眺めてます 笑

ベランダシマ.jpg



異変を感じたのは今年の4月末。

お水をいっぱい飲むな…と思い獣医さんへ

告げられたのは予想もしていなかった糖尿病。

のちに検査をして膵炎が原因と判明。


インスリンの量がなかなか定まらず、どんどん増えていきました

わたしも最初の頃は気が気じゃなく、とにかく低血糖になるのが心配で

朝起きたとき 外出から帰宅したとき シマは大丈夫かと毎日ドキドキでした



↓2014年4月 シマ、ミケともに7歳
いつものバトル。
かならずシマが勝つ。

バトル.jpg



現在インスリンの量は4.0U 猫に打つ量としては多めです

それでも一日の最低血糖値は250mg/dL前後とまだ高め。。


↓シマ8歳、ミケ7歳
大好きな猫草を齧る。 食い散らかして終了…

猫草.jpg

ある夜ベッドに入り本を読んでいると、部屋の外なのか中なのか ゴトッゴトッと物音がします

リビングでダンナさんが何か作業でもしてるのかな と思っていると

わたしの顔を覗き込むようにシマがベッドの下から顔を出しました

ゴトッゴトッというのはシマの足音でした

猫って足音を立てずにつま先で歩きますよね

最近のシマはそれができません

足先に力が入らずつま先立ちができないので踵をつけて歩くんです

踵の骨が床に当たって音が出るようです



↓ちょうど去年の今頃。
シマ、ミケともに10歳
フケの出やすいミケをよく洗ってた シマ兄ちゃんは心配そうにペロペロ…

洗ったミケをペロペロ (1).jpg


猫は糖尿病になると踵をつけて歩くようになるといいます

神経の方に異常が出る為と言われています。また、目が白濁してくることもあるそうです

写真はありませんがいまシマはこのように立てません

踵をつけて、さらに後脚のつま先が折れ曲がって「グー」のかたちになったまま歩いていることもしばしば

そして目も白濁してきました

これ↓は今年の5月、病気が発覚した直後です 11歳のバースデーを迎えました
まだ、つま先で立っていますね

発病後すぐ.jpg

以前は押入れの3階(と呼んでいる、天袋のようなとこ)や冷蔵庫の上にも登っていたのに

いまは低めのソファでもやっとです

この前はベッドに上がろうとして失敗してました…

トイレも大変なときがあります

うちはシステムトイレを使っているのですがトイレの縁に後脚が引っかかり中に入れないことがあります

使っていない木の爪とぎを置いて階段状にし、だいぶ入りやすくなったようです

そうそう、最近は後脚でかゆいところをカキカキできなくもなっていたのですが

この前あごの下をカキカキ…というほどでもなくサワサワ程度でしたが掻いていました

思わず感動する飼い主。


こんな感じですが食欲もあり一時期よりは多飲多尿も落ち着いてきました

この夏は大変でしたよ~

糖分たっぷりのチッコを大量にするもんだからなんとトイレのチップにカビが生えるんですよ!

チップを全とっかえしてトイレを丸洗いしてもすぐにカビ。

おまけに今年の夏は湿気がひどかったですもんね…

ニャンですか.jpg

病気とうまく付き合いながら幸せに暮らしてほしいと思ってます

毎日の後脚のマッサージもわたしの日課。

もちろん「よくなれ~よくなれ~」と呪文を唱えながら[ぴかぴか(新しい)]

nice!(58)  コメント(33) 
共通テーマ:ペット

nice! 58

コメント 33

も〜

よくなれ〜よくなれ〜!!
涙が出そうです。
膵炎自体はまだ続いているのですか?
人間でも糖尿病と上手に付き合っている人、沢山いますよね。
シマさんもそうなりますように…。
by も〜 (2017-11-13 02:09) 

mayu

シマちゃん、写真のお顔も疲れ顔に見えますね。
元気がないときは、のんびりと、
病気と付き合いながら、気長にやっていきたいですね。
少しでも快適に過ごせますように!
by mayu (2017-11-13 07:49) 

(。・_・。)2k

心配は続きますが
うまく病気と付き合うしかないんでしょうねぇ
完治すると良いなぁ

by (。・_・。)2k (2017-11-13 11:49) 

Ginger

シマしゃんの様子を見守るミケシマ・ママがどんなに心配で心を傷めていたか・・・胸が痛いです!!!!
愛する存在がいるということは、その存在に何かあればわがこと以上に辛い、という経験をすることでもありますね。。。
シマしゃん、本当によくがんばってるね!!ありがとう!!!
。゜゚(>ヘ<)゚ ゜。ビエェーン
by Ginger (2017-11-13 13:15) 

きぃ

病気と付き合っていくのは大変ですよね。
しかもそれを見守っていくのは
とても辛いことです!
ちょっとした変化で気分が上がったり、下がったり。
自分の体調も崩しやすくなるので
気を付けてくださいね♪
シマさん!頑張れぇ~!!
by きぃ (2017-11-13 15:06) 

palpal

お!これが噂の赤いハーネスですね!!ベランダくらいがちょうどいいのかも(#^^#)
糖尿病心配です。ミケシマさんもお疲れのないように。
by palpal (2017-11-13 15:39) 

morichan

人間も、糖尿病は、なかなか分かりにくいと聞きます。
インスリン対策など、一緒なのですね。
今までできたことが、ままならなくなるのは辛いです。
でも、妹のミケちゃん、家族のみなさんが、暖たたかく見守ってくれてる。
よくなれー、よくなれーーっ!!と一心に祈ってくれてる。
シマちゃん、とっても心強いね(^^ 元気の源だね!
黒猫一家も、祈ってます。よくなれ~~!!(^^
by morichan (2017-11-13 15:42) 

yumineko

シマちゃん、ミケシマさん、応援しています!
先日、タンタンの兄弟猫が糖尿病と診断されました。
ミケシマさんのブログを読んでもらおうと思います。
今日はどうか、明日はどうかと思う気持ち、とてもよくわかります。
一日一日、大切に過ごしていきたいですね。
ミケちゃんも元気で見守ってね!!
by yumineko (2017-11-13 16:41) 

テオ

幸せでいること!それが一番のお薬 シマさん ミケさん ミケシマさんの毎日がどうか 心地よく幸せに包まれていますように
by テオ (2017-11-13 17:15) 

チャー

ブログを読みながらシマちゃんの様子が手に取るように分かり 一生懸命な姿が伝わってきます ミケシマさんもお辛い思いで 書かれていると思います
なかなか立つこともままならないシマちゃんですが きっと本人は意識していないかもしれませんよ その分ミケシマさんの 愛情に沢山触れられ 幸せな心地でいるかもしれません
よくな〜れ よくな〜れ!子守唄のように 気持ちよく聞いていると思います
シマさんの小さな好転でも あーシマも、頑張っているんだなー と思うと涙が出るほど
嬉しい気持ちになりますよね
日々大変なことも分かります
色々な思いが隣合わせの毎日
ミケシマさん ガンバね!こんなことしか言えませんが お気持ち痛いほど分かります
by チャー (2017-11-13 17:31) 

ふたごパンダ

シマちゃんもがんばってえらいなぁ(o^―^o)
今は少し落ち着いているようで安心しました。
ミケシマさんもとてもおつらいですよね。
簡単によくならず歯がゆいかもしれませんが
少しでも良くなるように祈っています(*´ω`*)
by ふたごパンダ (2017-11-13 20:33) 

みうさぎ

未然に発見するのはなかなか難しいことですねっ
元気だった頃と比較すると本当に心痛むよっねっ
一緒にいるからツライですねっ
まおも13歳階段昇る時後ろ脚踏み外す姿
みると・・・ああっじいちゃんになったんだぁ
てぇ凄く思います・・・
お世話も大変ですねっ
絶対!呪文効いてますともっ(^◇^)

by みうさぎ (2017-11-13 20:43) 

yes_hama

う、ううう。シマ兄さん、どうぞ頑張ってください!
ミケシマさんも大変だしとてもお辛いことでしょう。
少しでもほんの少しづつでも良くなるよう願っております。
by yes_hama (2017-11-13 21:39) 

ゆきち

歩くとゴトッと音がする・・・ミケシマさんのご心配を思うと言葉が見つかりません。
お薬でうまくコントロールができて落ち着いた暮らしが続きますように。
「がんばれ~、よくなれ~」遠くから毎日エールを送ります!!

by ゆきち (2017-11-13 21:42) 

マーヤ

読ませていただきながら、涙がうるうるしてきました。
歩くとき、踵は痛くないのかな。
インシュリンはミケシマさんが注射してあげてるのかな。
ミケシマさんのマッサージが、シマちゃんの一番の癒しの
幸せタイムですね。
シマちゃんの支えですね。
可愛い愛猫が病気なのは、何よりも辛いことです。
頑張ってくださいね。応援しています!
by マーヤ (2017-11-13 22:02) 

yamatonosuke

シマさんへの愛情がヒシヒシと伝わりました(*☻-☻*)
看病と経過観察はたいへんだと思いますが、
どうか糖尿病が少しでも良くなることをお祈りしています。
by yamatonosuke (2017-11-14 01:36) 

そらまめ

ヒトの糖尿病は聞きますが
ネコサマも大変ですね。
知り合いのネコサマに1人、糖尿病が居ましたが
毎日お家で点滴でした。
呪文唱えマッサージ、きっと効いてますね。
シマちゃんにも気持ちが伝わってますね~。
シマちゃん、引き続きがんばってっ!!
実は昨日そらを病院へ。
このところ、朝方ほぼ毎日吐くので
何か病気のサインだと大変だと連れて行きました。
健康診断の結果待ちです。

by そらまめ (2017-11-14 10:19) 

mamalu

シマさん、がんばってますね。
症状が改善しますように。

猫も人間と同じく、水を飲む量が増えるんですね。
日々の観察って大事ですね。
私も頑張らなくては。
by mamalu (2017-11-14 12:31) 

ニッキー

シマさん、顎の下をサワサワ出来るようになったんですね(^O^)
シマさんだけでなくミケさんやご家族のいっぱいの愛情と頑張りが
伝わってきます^^
私には応援して祈ることしか出来ませんが、「頑張れ~」!(^^)! です<(_ _)>
by ニッキー (2017-11-14 12:52) 

SORI

ミケシマさん こんばんは
シマちやん 病気と向き合って幸せに過ごしてほしいと願うばかりです。ミケシマさんの愛情に包まれていて幸せだと思います。
我家のムサシも今年の4月7日に難病を発病ましたが、何度も危機を乗り越えて暮らしています。
by SORI (2017-11-14 18:18) 

ミケシマ

>も~さん
心温まるお言葉、ありがとうございます(T_T)
糖尿病がわかってすぐのときは、先生から「急性膵炎であれば一過性で、治る可能性が高い」と言われました
でも膵炎だとわかったとき、治るのかと聞いたらわからない、ということでした
治るかもしれないし、治らないかもしれない と…
シマは値が高く薬の量も多いので完治は難しいのかもしれません
毎日注射してでもいいから、まだまだ長生きしてほしいです^^

>mayuさん
そうそう、なんだか顔も変わったように思います…
糖分を十分に取り込めていないわけだからたしかに体はだるいんだと思います
ぺったりと手足を投げ出して横たわっていることが多くなりました
シマの欲求を先回りしてくみとり、なるべく辛くないようにしてあげてます☆

>素敵なフォトグラマーさま
そうですね、うまく付き合っていくしかないと思います
あんなに走り回っていたシマがぐったりしてると辛いんだろうなぁ…って思っちゃうけど
完治の夢も捨てていません! きっと良くなる!

>Gingerさん
シマ、今までとの落差が大きすぎて。。
わたしもショックでした
抱っこが苦手なのにいつまでも腕の中にいたりすると逆に心配になったりして
サッサと出て行くとホッとしたり 笑
あー、よしよし、元気だな って。
自分の体なんてなかばどうでもいいのに、シマやミケに何かあるとドキドキしちゃいますね
毎日の注射にも耐え、からだが怠いのにも耐え、シマよくがんばってるなって思います(;_;)

>きぃさん
そうなんですね、こんなにも自分の心が苦しくなるなんて思いもしませんでした
シマの体調に一喜一憂…
5月からずっと、我々夫婦の合言葉は「シマの具合どう?」です(^_^;
自分が倒れちゃしょうがないですもんね、自己管理もしっかりします( ̄- ̄)ゞ

>palpalさん
そう、これです!
酔っぱらいながらドンキで買いました 笑
ナノちゃんはもうちょっとで本格デビューですね
楽しみに待ってます!!
by ミケシマ (2017-11-14 23:52) 

kontenten

シマさん・・・エルと同じ年なんですね。
踵をついて歩く・・・我が家でも、そんな猫が居ましたが・・・
少し気にしてみようと思います。
 人間も糖尿病に罹ると口が渇くって云いますよね。
引き続き、お大事にされて下さいm(_ _)m
by kontenten (2017-11-15 11:26) 

nachic

以前うちにいたゴンちゃんも、腎臓が悪くなってから、よろよろして、ベッドにも乗れなくなってました。しかも、下向きになって水が、ほとんど飲めないらしいことに、なかなか気づいてあげられなかった。つらいこと、しゃべってくれたらなぁって、思いますね。
病気は大変だけど、ミケシマさんまで倒れちゃったら困るから、深刻になりすぎないことが大事ですよね。毎日のお注射、がんばって。
by nachic (2017-11-15 21:38) 

ミケシマ

>morichanさん
症状や治療などは、ほとんど人間と一緒のようです
言葉を話せないから 怠いとか 痛いとか 言えないところが辛いですね
今までが弾丸みたいな子だったので 笑
この変わりようが可哀想で…
よっぽど辛いんだなと。
morichanさんの黒猫一家さんが応援してくれるとは心強い!!
シマとミケのおかあちゃんは黒猫のクロだったので、とっても嬉しいと思います♡
がんばるよ!!

>yuminekoさん
ええっ! 本当ですか!
はじめのうちはちょっと大変かもしれませんね(;_;)
病気の進行具合や程度にもよると思いますが…
治療を続けていくうちに寛解して注射がいらなくなる子もいるようなので頑張ってください!
ぜひ、こんなわたしのブログでよかったら見てみてください
わたしも初めの頃はよくわからず、ネットでいろいろ調べました
あとはいい動物病院に行くことですね^^
信頼できる先生はもう、いらっしゃるかな。
どうかどうか頑張って、うまく付き合えばちゃんと長生きしますから!
応援しています(`・д・´)ノ=3

>テオさん
ありがとうございます(;_;)
病気になってから、体がしんどいのと通院のストレスとで以前にもまして甘えん坊になったシマ…
毎日思いっきり甘やかしています☆
がんばりますよ!

>チャーさん
ありがとうございます!
体の不調も本猫は意識してなく、甘えられて嬉しいのでは…
というお言葉に救われます
辛いだろうな って思ってるのはわたしだけで、もしかしたらシマは辛いとか嫌だとか思っていないかもしれないですよね
病院に行くのは相当ストレスだろうけど…笑
大変で、悲しい思いをしてきたチャーさんだから、チャーさんの励ましはとても力になります
このおぼつかない足取りも、いつか治ると信じて。
同時に、一生こうだったとしてもわたしが全力で助ける覚悟で。
ニャンコはワンコほど感情表現がうまくないので、いま嬉しいのかどうかわからないことも多いけど、シマが快適だなって思える環境を作っていきたいと思います

>ふたごパンダさん
ありがとうございます
いつのまにか踵をついて歩くようになっていてショックを隠し切れません
がんばりますo(`・ω・´)o

by ミケシマ (2017-11-16 00:44) 

いっぷく

> 病気とうまく付き合いながら

辛い治療はせずに完治に向かってくれれば、と思いますが、
自分で病状を伝えてくれないので、もどかしい思いが
ありますね。どうぞお大事に。


by いっぷく (2017-11-16 19:02) 

ぼんぼちぼちぼち

うまく病気とつきあっていけやすように。
猫ちゃんも見守るほうも辛いでやすけど、頑張ってくださいねでやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-11-16 21:41) 

よいこ

10歳はまだまだ元気な子もいるから、これはつらいですね
猫が足音を立てて歩くとは・・
マッサージでよくなるといいですね
by よいこ (2017-11-17 15:44) 

すーさん

糖尿病の兆候から症状までまとめて戴き感謝です。
ソネットじゅうの沢山の飼い主さんたちの参考になります。
シマさん半年前から闘病大変ですね、
最近の回復傾向を拝見してホッと一息安堵です。
ミケシマさんのご心配と献身があることで
シマさんとても安心して過ごされてるでしょうね。
遠い地からも良くな〜れ〜良くな〜れ〜!!送ります。
by すーさん (2017-11-19 10:43) 

ミケシマ

>みうさぎさん
ありがとうございます~(;_;)
水をたくさん飲むという異変を感じてすぐ連れて行ったつもりだけど、いつから膵臓が悪かったのかはわかりません…
もしかしたらずっと悪くて、でもわからなくて、糖尿の症状が現れて初めて露呈したのかもしれないし。
今まで普通にできていたことができなくなっていく姿を見るのは辛いものがありますよね
最近わたしがしつこくマッサージするので嫌われ気味です(^◇^;
でも嫌がって腕の中から飛び出していく姿を見ると元気でホッとします☆

>yes_hamaさん
昨日猫の映画を観て子猫がぴょんぴょん走り回っている姿を見て…
かわいいなぁ~ と思うと同時に シマはもうこんなふうに走り回れないのかなぁ… なんてちょっと考えてしまいました
たとえ寝たきりになったとしても可愛い可愛いシマですが、やっぱりちょっと切ないな。
でも昨日もミケとバトルらしきこともしてたし、元気っす!!

>ゆきちさん
エールありがとうございます!
うれしいです~ ほんと力になります☆
あの音がシマの足音だと知ったときはちょっとショックでした(T_T)
薬の量はまだ多いけど、きっと良くなって飲み薬くらいで済むようになると信じています☆

>マーヤさん
ご心配いただいて本当にありがとうございます(;_;)
このときほど音がしなくなり、ちょっとだけ踵を浮かせて歩くときもあります
足先もそうだけど、脚自体がうまく上がらずひきずるような感じです
以前は脚なんか触るとすぐに拒否していたのに、今は何をしてもダランとしていてあまり感覚がないみたいです
インスリンは毎日2回、わたしや夫が注射しています
たまに痛いときがあるようで、「ニャ゙ッ!!」と言われることもあり…
かわいそうです(T_T)
応援がとても大きい力になります! 頑張ります!
by ミケシマ (2017-11-19 19:02) 

まろまろまね

ネコちゃんにも糖尿病があるなんて知りませんでした。人間と同じく病院と付き合っていくしかないですよねー。ミケシマさんもお疲れのないようにしてくださいね。お大事に
by まろまろまね (2017-11-19 20:31) 

ミケシマ

>yamatonosukeさん
こんばんは~☆
あさっては8週ぶりに病院に連れて行く予定です…
また嫌がるんだろうなと思うと心が痛いです(T_T)
さっき注射しましたが痛くなかったらしく無言でしたv
うまく注射できると嬉しいです(*^^*)
お祈りありがとうございます!! がんばりマス☆

>そらまめさん
そらくん、心配ですね
お気持ちよくわかります…
もう診断の結果が出た頃かな?
頻回に吐くというのは心配ですね
うちもシマが、病気になったあと毎日のように吐くことがあったので診てもらいました
検査しましたが関係性は見つからず、胃腸の不調かもということで吐き気止めをもらって帰ってきました
薬を飲んだら落着き、その後吐くのもおさまりました
そらくんも何事もないといいですね!
動物は喋らないから、ちょっとの異変でも病院に連れて行った方がいいんだなって今回のことで痛感しました
一刻も早くそらまめさんの心配が取り除かれることを願います。

>mamaluさん
シマは今日はなんだかとっても元気です
ニャーニャーないて「なでろ」を要求してきます
以前のシマにちょっと戻ったみたいでうれしい(*^^*)
猫の糖尿病は、症状や治療法などほとんど人間と同じなようです
やっぱり毎日の観察がだいじなんだなって思いました
そしてまたあさってはシマを病院へ…わたしもツライ(T▽T) 泣き叫ぶから…
by ミケシマ (2017-11-19 23:32) 

ミケシマ

>ニッキーさん
応援ありがとうございます!
本当にうれしいです☆
ちょっと前までは手足を投げ出し顔も床につけてぺったり寝ていたのですが
最近はまるまって頭も起こして普通に寝ることが多いです
だるさがとれたのかなーと思っています
明日は久しぶりに病院に連れて行きます! またオムツかなー

>SORIさん
ムサシくん!!
強い薬を飲みながら頑張ってますもんね
元気にお散歩する姿にはいつも元気をもらえます
ムサシくんを目標に、そして一緒に頑張っていきたいと思います☆

>kontentenさん
そう、たしかエルちゃんと同い年でしたよ☆
シマが2006年5月、ミケが2006年8月うまれです
踵をつけて歩くのは猫の糖尿病の代表的な症状のようです
この症状が出るのはけっこう進行した状態のようなので注意が必要ですね
シマの場合発見は早かったのですが結果的に普通より薬の投与量が多かっため
そこまで持って行くのに時間がかかり病気が進行したのでは…と想像しています
引き続きがんばっていきますo(^-^)o

>nachicさん
ゴンちゃん…腎臓は猫には多い病気ですね
機敏だった子がベッドにも乗れなくなっているのを見るのは切ないです
でもたしかに!! 
深刻になりすぎず大丈夫、大丈夫ってなかば自分に言い聞かせるように
過ごしてます
シマも最近は一時期より元気になってきてホッとしています
by ミケシマ (2017-11-20 11:56) 

ミケシマ

>いっぷくさん
そうですね、、
自分自身 薬の副作用で苦しんできた(今も)人生だったから
シマはどうなんだろう なんて思うこともあるんですが
きっと本猫は生きたいだろうから、わたしも精一杯お世話をするつもりです
いまちょっと楽になってきたように見えます
ホントしゃべることができたらね~(>_<)

>ぼんぼちぼちぼちさん
ありがとうございます
寝ている格好が、以前のように戻ってきました
手足を投げ出してぺったり寝ていたときはよっぽど怠かったんだろうな。
いい方に変わってきて喜んでます♪

>よいこさん
そうなんですよ、まだまだ元気でいて欲しい年齢ですよね
踵をつけて歩くのは相変わらずですが少しずつ元気になってきています
マッサージをちょっと嫌がるようになって、感覚が戻ってきたのかな?と
嬉しく思っています(*^^*)

>すーさん
わたし自身、シマが病気になってすぐはアワアワするばかりで
獣医さんは慎重な事しか言わない(言えない)し、同じような体験をした方の
ブログがとても支えになりました
半年かかってやっと薬の量が適量になったようです
ここまで増やすことになるとは思わなかったもんで…
まぁでもこういうケースもある ということで
誰かのお役に立てれば。
すーさんからの良くな~れのエール、シマにも届きました!ありがとうございます☆

>まろまろまねさん
以前に比べわたしにも余裕が出てきました
シマも安定してきましたし…
今後はお薬の量を減らせることが目標です

by ミケシマ (2017-11-20 15:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。